Nexus One と iPhone を使ってみて – taknom’s posterous

投稿者: hikari

2010年3月18日

カテゴリー: Uncategorized

コメントする

一昨年の発売の日に iPhone 3G を、そして昨年も発売日に iPhone 3GS に持ち替えて、1年8ヶ月くらい使ってきました。これに加えて、この1月から1ヶ月半くらい Nexus One を使ってみました。両機種を使ってみた感想を書いてみようと思います。

携帯電話ではありますが、電話としてはほとんど使っておらず、音楽/ポッドキャスト/ビデオを見るメディアプレイヤーと、 Google Reader、ツイッター、メールなどのインターネット機能を使っています。

メディアプレイヤーとしては、 iPhone と iPod touch、iPod nano、そして Apple TV を用途によって使い分けています。iTunes で音楽/ポッドキャスト/ビデオを管理し、手動で作るプレイリストや条件検索で作るスマートプレイリスト単位で同期転送できるのはとても便利です。このシステムを手放す気にはなれませんから、メディアプレイヤーとして iPhone は不動の地位にあります。

Nexus One も、以前の記事に書いたように double twist を使って iTunes が管理する音楽やビデオを転送できますが、転送操作はいちいち手動で行う必要があります。あくまで「できる」の範囲にとどまるもので、常用することはなさそうです。

Google Reader はどちらの機種も快適に使えます。この点ではそんなに差は無さそうです。

メールとツイッターは、Android の通知機能がとても便利です。Gmail であればほぼリアルタイムに通知されますから、着信と思ってもいいくらいです。また、ツイッターのアクセスには twicca を使っているのですが、3分に一回チェックしてリプライやダイレクトメッセージの有無が通知されます。これがとても便利で使いやすく、メールとツイッターには Nexus One を常用しています。この用途では iPhone を利用する機会はすっかり減ってしまいました。

iPhone にも通知はあるのですが、今のところ動作が不安定で通知されないことがままあります。また通知ダイアログを閉じないと他の操作ができないモーダル通知なので、邪魔に感じることも多いです。通知があると、その通知内容に従ってメールや twicca を呼び出せて、戻るボタンですぐに直前の動作に戻れるアンドロイド機 / Nexus One の利点はとても大きいと思います。

iPhone の強みはケータイと同じ @softbank.ne.jp のアドレスで SMS/MMS が使えることです。メールはケータイと同じように着信します。この点では、iModeメール と @docomo.ne.jp のアドレスが使えないアンドロイド機は圧倒的に弱いです。ケータイを利用している人は、@softbank、@docomo、@ezweb 以外のアドレスを受け付けない設定にしている人も多いと思います。Gmail 発のスパムメールもありますし、Gmail を受け付けるように登録してもらうのは気が引けます。 iPhone はケータイの輪の中に入れますが、Gmail の利用が主なアンドロイド機では輪の中に入れません。これは結構大きなポイントです。

あと Nexus One で気になるのはタッチパネルです。iPhone はこの点は非常によく練られています。タッチパネルの操作はとても自然で、こちらの意図通りに反応します。それに対して、Nexus One はこちらの意図以外の動作をすることがままあります。これは慣れの問題ではないように思われます。

たとえば、ツイッターのTLを追ったり、Google News を読んでいるときにはたくさんスクロールしますが、このスクロール操作に対する反応が、iPhone ではとても滑らかでスムーズなのに対し、Nexus One は突然大きくジャンプしたり、逆にスクロールしてくれなかったりすることがあり、操作感はいまひとつです。もちろん、使えないわけではないのですが、比べてみればその差は歴然としていると思います。

もうひとつ、ベッドで横になってケータイを使うことはよくありますが、このときには左手で筐体をつかんで、右手の指で操作します。このときにつかんでいる左手の指が画面に少しでもかかると、Nexus One は右手指の操作に全く反応しなかったり、右手のタッチとは違う位置で接触を認識したりするので、結果として誤動作につながり易いです。Nexus One の筐体の丸い形状は、横になって持つときにはあまり持ちやすいとは言えず、しっかりつかむ必要があります。このため、左手の指が画面にかかりやすくなっていると思います。結果として、Nexus One を両手で使うときには、筐体を支える左手の指の位置に結構気を使う必要があります。

一方、iPhone や iPod touch だと、左手で持ってもそんなに筐体が落ちそうな感じがしない形状になっています。もう一つ驚くのは、iPhone だと、たとえ左手の指が画面にかかっていても、右手指の操作に確実かつスムーズに反応します。iPhone のタッチ操作に対するプログラミングの念の入れ方には、執念を感じるほどです。これが使いやすいスムーズな操作につながっているのでしょうね。iPhone や iPod touch だと、とくに左手の存在や筐体の持ち方を意識すること無く、自然に両手で使えます。これはかなり大きな特徴だと思います。

結局、メディアプレイヤーと SMS/MMS は iPhone、メールとツイッターは Nexus One と両機種を使い分けることになっています。

ただ、Nexus One をドコモのSIMで使うにはパケット代が1万3650円と高額なので、これは今月一杯で打ち切ることになってしまいそうです。HT-03A や Xperia だと 5980円ですよね。iPhone のパケット代が 4400円というのも大きいと思います。

コレからの購入を考えてる人なのでとても参考になります。一長一短のようですがランニングコスト等も含めiPhoneが総合的に抜けてる印象みたいですねー。悩ましい…。

Posted via web from tea break

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。