asahi.com:町おこしにアニメ活用-マイタウン埼玉

投稿者: hikari

2010年3月19日

カテゴリー: Uncategorized

コメントする

◇街角に主題歌 制服を同じに

 街でアニメの主題歌を流したり、キャラクターと同じ制服にしたり――。県内ゆかりのアニメや漫画を、観光や地域振興に生かそうと、県が今年度に立ち上げた「県アニメツーリズム検討委員会」による提案書がまとまった。県が18日、発表した。アニメ関連情報の発信やイベントの誘致、クリエーターへの制作スペースの提供といった提案が盛り込まれている。

◇県の検討委が提案書

 「らき☆すた」や「クレヨンしんちゃん」など、県内にゆかりがあるアニメを町おこしにつなげようと、漫画家やアニメ制作関係者らでつくる同検討委を設け、議論を重ねてきた。

 提案書では、「ファン・地域・制作者が一体となって作品に向き合い、共有する」ことを基本に、街角でアニメの主題歌や挿入歌を流す▽アニメのモデルとなった学校の制服を、キャラクターと同じものに変更する▽ファンの声を生かしたイベントを開催する▽地元の素材や伝統技術を使ったグッズの製作・販売――などを取り組み例としてあげている。

 県は、提案書を県内の市町村や商工団体などに配り、町おこしのヒントとして活用してもらうことにしている。

 県としても同検討委の議論で出たアイデアから、新年度にオリジナルアニメの制作に取り組む予定で、当初予算案に1963万円を計上している。

 同検討委座長の山村高淑・北海道大観光学高等研究センター准教授は、「通常の行政の常識を超えたアイデアも含まれているが、批判も含めて、今後の議論のきっかけとしていただければ」とのコメントを出した。

規制しようとする流れもあれば利用しようとする流れもある。しかし、”街でアニメの主題歌を流したり、キャラクターと同じ制服にしたり”してソレが町興しになるのかちょっと考えた方がイイですよ、約2千万も掛けてやるべき事じゃないと思います。

Posted via web from tea break

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。