HITACHI : 携帯電話 : 商品情報 : H001 : 3D立体表示

投稿者: hikari

2010年3月23日

カテゴリー: Uncategorized

コメントする

左右の目に異なる画像を見せる特殊な「視差バリア」によって、 裸眼のまま大迫力の3D立体表示を楽しむことができます。
LISMO Videoやワンセグ、撮影した写真・ムービー、ゲームまで、様々なコンテンツが立体になってあなたの目の前に現れます。

2D⇔3Dをワンタッチ切り替え

「3Dキー」を押すだけで、様々なコンテンツをいつでも瞬時に3D立体表示に切り替えられます。

2D⇔3Dをワンタッチ切り替え ワンタッチで3D切り替え!

タテでもヨコでも3D表示OK

タテヨコ両方の画面で立体表示が楽しめます。

タテでもヨコでも3D表示OK 2ウェイオープンスタイル

3D設定

2D⇔3D切り替えを行う「3Dキー」の長押しなどで、3Dの細かな設定が可能。お好みに合わせて飛び出しや奥行きの強弱・モードを設定したり、3DサラウンドのON・OFFを設定することができます。

3D設定 3D強弱:強/弱 3Dモード:スタンダード/ダイナミック/ライト 3Dサラウンド:ON/OFF

  • <3D表示におけるご注意>
  • *3D表示視聴中は適度に休憩をとるようにしてください。
  • *個人差や映像などによっては3D表示に見えにくい場合や、見えない場合があります。また、文字を見る場合は3D表示を解除してお使いください。
  • *目の成長過程を守るため、小さなお子様(およそ6才以下)の3D表示視聴はさせないでください。
ウーケータイ H001 スペシャルコンテンツ「3Dの秘密」

3DSで採用の”裸眼で立体映像”な技術ってコレなのかな?
もしコレなら目が思いっきり疲れそうだし余り期待も出来ないなーw
すっごい酔いそうだゎ…(;・∀・)

Posted via web from tea break

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。