任天堂、携帯型3Dゲーム機発売へ…専用眼鏡不要 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

投稿者: hikari

2010年3月24日

カテゴリー: Uncategorized

コメントする

任天堂は23日、専用の眼鏡をかけずに立体映像が楽しめる携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」(仮称)を2010年度中に発売すると発表した。

 価格などは、今年6月に米ロサンゼルスで開かれるゲーム見本市「E3」で公表する予定だ。

 全世界で累計1億2500万台以上売れている人気の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」の後継機で、約6年ぶりの新型となる。現行と同じようにタッチパネル機能を備えるとみられ、DS用のソフトも使える。

 シャープが開発した3D液晶パネルを採用するとみられ、液晶表面に微細なすきまのあるフィルムを張り付け、左目と右目で見る映像に微妙なズレを生じさせて立体を表現するという。

ニンテンドー3DS:「裸眼で3D」ってどんな感じ?:Kotaku JAPAN, ザ・ゲーム情報ブログ・メディアでゎパイオニア製「3Dフローティングビジョン」方式を取り上げてますけど、私的にゎシャープ製な方式よりパイオニア製の方式が良さそうに思うなー。
シャープ製方式ゎ目が疲れそうです。

Posted via web from tea break

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。