携帯電話と通信会社、組み合わせ自由に :日本経済新聞

投稿者: hikari

2010年4月03日

カテゴリー: Uncategorized

コメントする

 内藤正光総務副大臣は2日、携帯電話端末を特定の通信会社でしか使えないようにしている制限の解除を、携帯通信各社に要請することを明らかにした。今夏までに運用上のガイドラインを策定し、年内にも実施を目指す。利用者は通信会社や携帯端末を容易に切り替えることができるようになる。通信会社の競争が激化し、通信料金の引き下げにもつながりそうだ。

 日本では携帯端末を他の通信会社で使えないようにする「SIMロック」を認めてきた。内藤副大臣は同日、携帯通信各社や消費者団体など7者から意見を聞き、「利用者の要望を前提に(携帯各社が)SIMロックの解除に応じることで一定の合意を得た」と判断した。ただ、ソフトバンクモバイルの松本徹三副社長は「利用者の混乱を招く」と反発している。

 欧米の一部の端末では一定期間経過後などにロックを解除する。SIMカードの差し替えで通信会社を変更できるようになり、消費者の選択の自由度が高まる。総務省はロックの解除で携帯通信各社の競争を促し、サービスの多様化と料金の引き下げにつなげる。

 当初は、通信規格が共通するNTTドコモとソフトバンクの間で乗り換えが可能になる。年末からサービスが始まる通信速度の速い次世代携帯では、KDDIやイー・モバイルも含めて規格が統一されるため、全社から選べるようになる。

 総務省は利用者の混乱を避けるための激変緩和措置として一定期間のロックは認める方向で検討している。

ユーザー視点から見れば大変嬉しい流れだけど、さてどうなりますか。
定着するにゎまだ数年を要するって話もあるみたいだけども。

Posted via web from tea break

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。