無線LAN、「速い・安い・世界共通」で増殖 :日本経済新聞

投稿者: hikari

2010年4月05日

カテゴリー: Uncategorized

コメントする

米国で3日に発売されたアップルの「iPad」(ロイター)

 パソコンから周辺機器、さらに小型ゲーム機やAV機器へ――。無線LANを搭載した機器が増殖している。無線通信としては“枯れた技術”ながら、「高速」「安価」「世界共通」という強みを持ち、豊富な無線LANインフラを応用した新ビジネスも出現し始めた。次世代規格の携帯電話サービスをめざす通信会社にとっては「異端児」ともいえる無線LANの逆襲が始まった。

 米アップルが4月3日に米国で発売した多機能携帯端末「iPad」。この日店頭に並んだのは無線LANの通信機能だけを備えたモデル。第3世代携帯電話(3G)機能を搭載するモデルは4月後半に出荷する予定だ。

 アップルは高機能携帯電話(スマートフォン)「iPhone」でも、3G機能を外して無線LANしか持たないモデルとして携帯音楽プレーヤー「iPod Touch」を販売してきた。これは端末メーカーであるアップルにとって、3Gが必須の機能とは限らないことを物語っている。一方、iPadやiPhone、iPod Touchが提供するサービスに欠かせない機能として標準搭載しているのが無線LANなのだ。

我が家にネット環境が整って以来ずっとお世話になってる無線LAN、最高です♪
もっと街中で使える場所が増えると良いんだけどなー( ・ω・)

Posted via web from tea break

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。