iPadレビュー:ゲーム機としてはどうなのよ?:Kotaku JAPAN, ザ・ゲーム情報ブログ・メディア

投稿者: hikari

2010年4月05日

カテゴリー: Uncategorized

コメントする

 
利点も多々ありますが問題点もみえてきました。

アップルはiPadを「革命的で魔法のようなデバイス」と称しています。では、iPadのゲーム要素にはには革命的な魔法がどれだけかけられているのでしょうか?

iPadを動画・音楽プレイヤー、電子ブックリーダー、ウェブブラウジング用のデバイスとして興味を持っている方にはあまり関係ないレビューである事をあらかじめ申し上げておきます。マルチタスクができない事やカメラが搭載されていない事には言及しません。あくまで「ゲーム機」としてのiPadレビューです。

というわけで肝心の本題へ。iPad、ゲーム機としてはどうなのでしょうか?
 

 
イイ

とにかく画面がキレイ:ディスプレイ機器がここまで綺麗なのか! という綺麗さ。画面をつっついてゲームを立ち上げ、ホームボタンを押して別のゲームを立ち上げる、ただそれだけで美しい。どんなゲームを起動しても、そのゲーム専用機だと思わせるほどの美麗な画面です。ゲームの見た目がすごく良くなります。

レスポンスが良い:iPadが経年のダメージにどれだけ耐え得るかは時間がたってみないとわかりませんが、現時点でのタッチスクリーンと加速度センサーのレスポンスは抜群です。ゲームはマルチタッチを問題なく認識し、本体を傾ける事が必要なタイトルはiPhone以上に反応が良い印象です。加速度センサーの反応が良く感じるのはiPad本体の重さの関係もあるかもしれませんが、いずれにせよ、遊ぶのがより楽しくなります。

マルチプレイ・フレンドリー:携帯機で分割画面のプレイができるデバイスがほかにあったでしょうか? iPadがDSやPSPよりも優れている点を挙げるとすれば、1台のマシンで複数人が同時にゲームを遊ぶことができる点でしょう。ひとつの画面で『ミラーズエッジ』の対戦レースができますし、『スーパーモンキーボール』のミニゲームは1台で4人同時にプレイができます。これはiPadの見事な功績です。

パブリッシャーのサポート:ゲーム機の成功と失敗はパブリッシャーの協力によるところが大きいです。現時点でEA、2K Games、Activision、カプコン、セガといった大手パブリッシャーがiPadのローンチにタイトルを供給しています。どこも新ハードに軽々しく参入する会社ではなく、これからも参入パブリッシャーは増える事でしょう。それに加え、多くのインディーズ・デベロッパーもiPhone/iPadでのゲーム作りに参加しています。参入が容易であるという事はそれだけ多くのクソゲーがあるということかもしれませんが、良作の数も日々着実に増えています。

ダメ

高画質なのに低音質:アップルはiPadが音楽、動画、ゲームにぴったりな魔法のメディアデバイスとして売り込んでいますが、それなのに外部スピーカーやヘッドフォンなしでステレオ音声が再生できないのはなぜ? スマートフォンとノートPCのギャップを埋めるデバイスではなかったのか? 音質に関してはもうちょっとノートPC寄りにできなかったのか…?

ホームボタン:iPadの前面にはボタンが1つしかありません。ホームボタンです。ゲームで遊ぶために本体を横持ちにするとちょうど指があたる部分にきます。そして、間違って押すと…ゲームが強制終了。ゲーマーがホームボタンを誤って押すことを防ぐために将来の機種にはホームボタンをロックする機能が追加されるのかもしれません…。

持ちづらい:何かにたてかけずにiPadを長時間手に持つのは痛みを伴います。それほどインタラクティブでない機能を使う分には問題がないのかもしれませんが、多くのiPad向けのゲームは本体を両手で持ちながらの指での操作を要求します。ヴァーチャルのスティックやボタンを使用するゲームは特にです。iPhoneやiPod Touchは手のひらに綺麗に収まるのに対し、iPadはそうでない。スタイリッシュですが、つかみどころが無いデザイン。人間工学的には最悪です。

ゲームという点に関して、アップルはiPadで正しい方向に進んでいるでしょう。しかしそれは完璧からは程遠く、高価なもの。今回問題に感じた点は簡単に改善できることばかりです。そしてアップルなら次世代機で改善するのは間違いないでしょう。

という事でユーザーには選択の余地があります。最新のiPadを発売直後にすぐ買うか、それとも様子を見てより洗練された次世代機の登場を待つか…。ポテンシャルがあるのは確実です。

今回のレビューに際して、Kotakuのマイク・フェイヒー記者は個人的に16GBのWi-FiオンリーのiPadを購入。24種類のゲームを購入1日目にプレイ。ズボンのポケットに突っ込んでみたものの、まだトイレでは使っていないそうです。

ふむぅ。
しかしメモリ256でflash無理で定価5万くらいするんだよね?
デカぃし微妙な気がしてならないんだけどw

Posted via web from tea break

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。