iDisplayで、iPadをMacのセカンド・モニターに : ギズモード・ジャパン

投稿者: hikari

2010年4月06日

カテゴリー: Uncategorized

コメントする

iDisplayを使うと、お使いのMacにワイヤレスでマルチタッチのセカンド・モニターを付けられます

iDisplayを使うには、iPad側にiDisplayを、Mac側にiDisplay Desktopをインストールする必要があります。それぞれのアプリを起動し、OS Xでディスプレイを設定すれば、セカンドモニター(的なもの)が簡単に完成です。iPadとMacの接続は3GまたはWi-Fiで行います。

ただ、現状ではまだバグが多いようです。

iDisplayアプリは、日本のApp Storeでも600円で購入可能です。iDisplay DesktopはiDisplayのWebサイトからダウンロードできます。

ポイントをいくつか。

・正しく設定しないと、動きません。それどころか、Macのディスプレイ解像度がiPadの方に合わされて、困ったことに…。まず、OS Xの設定で「ディスプレイをミラーリングする」にチェックがついていたら、はずしましょう。システム環境設定>ディスプレイ>調整から設定できます。

・サーバーの自動認識が不安定なので、コンピューターのIPアドレスとアクセスポートを手入力することになるかもしれません。iDisplayのメニューバーアイコンにカーソルを合わせると、入力画面が出てきます。

遅いです。ネットワークが安定していれば許容範囲の遅さですが、米Gizmodoのテストネットワークでは、キレそうなくらい遅いことの方が多かったです。なので、Twitterとか、IMの表示だけ、といった受動的なタスク専用になってしまいます。ネットワークによって速度は違ってくるので断定できませんが、フルのVNCサーバーよりも遅かったです。

今はバグが多いですが、ちゃんと使えれば便利でしょうね。このアプリはIM+と同じデベロッパーが作っているので、バグフィックスはきちんとしてくれると期待できます。

コレゎ良いですね、恩恵ゎMACユーザーのみみたいですが。
セカンドモニターとしても使えるなら一気に欲しくなるなー。

しかし先ず驚くのが「え?(アプリ)有料かよ!」って事実と、
バグが確認されてるのに発売しちゃうの?って事w

Posted via web from tea break

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。