Microsoftのソーシャル携帯「KIN」、ターゲットは若者 – ITmedia News

投稿者: hikari

2010年4月13日

カテゴリー: Uncategorized

コメントする

Microsoftの新スマートフォン「KIN」は、15~25歳の若者を狙った端末だ。その成否は、データ通信プランの料金設定に大きく左右されそうだ。(ロイター)
2010年04月13日 14時12分 更新

 米Microsoftは4月12日、若年層ユーザーにターゲットを据えた新型携帯電話2種「KIN One」と「KIN Two」を発表し、急成長を続けるスマートフォン市場のローエンドに新たな攻撃を仕掛けた。現在、スマートフォン市場では米AppleとBlackBerryメーカーであるカナダのResearch in Motion(RIM)が大きな勢力を誇っている。

 Microsoftは今回、独自の携帯電話の設計に初めて取り組んだわけだが、同社は今秋には、台湾のHTCや韓国Samsung Electronicsといった端末メーカーが製造する携帯端末向けにモバイルOS最新版のライセンス提供を行う予定であり、そちらの方が、AppleのiPhoneやGoogleのAndroid搭載端末に対するより直接的な挑戦ということになるようだ。

 「KINは15~25歳の若年層ユーザーをターゲットに据えた興味深い試みだ」と市場調査会社NPD Groupの家電&ワイヤレス業界担当アナリスト、ロス・ルービン氏は言う。

 「成功はデータ通信プランの料金設定に大きく左右される」とさらに同氏。料金体系の発表は数週間後となる見通し。Microsoftはこの携帯端末の本体価格も明らかにしていない。

 「だが、たとえこの端末がうまくいかなかったとしても、Microsoftは有用なコンセプトを幾つか提示している」とさらにルービン氏は続けている。

 KIN OneとKIN Twoはどちらもシャープが製造を担当し、販売は米Verizon Communicationsと英Vodafone Groupの合弁企業である米Verizon Wirelessが担当する。米国では5月、欧州では今秋にリリースされる予定だ。

 また両端末はソーシャルサービスとの連係を特徴とし、ホーム画面上にはFacebookやMySpace、Twitterの最新フィードが表示され、ユーザーは友人同士で写真やWebサイトのリンクなどを共有できるようになっている。

 どちらのモデルも、タッチスクリーンとスライド式キーボード、カメラを搭載する。KIN Oneのほうがサイズは小さめで、片手で操作でき、KIN Twoのほうが画面やキーボードが大きめで、ストレージ容量も大きく、高精細(HD)動画を撮影できる。

 さらに両モデルには、Microsoftのデジタル音楽プレーヤー「Zune」の音楽機能とFMラジオ機能が搭載されている。また端末上のデータはほとんどすべてMicrosoftのリモートサーバに保存され、「KIN Studio」と呼ばれるオンラインアプリケーションを介して、インターネット経由でどのWebブラウザからでもアクセスできる。

 またKINでは、データ紛失の不安を解消すべく、テキストメッセージのほか、通話履歴や写真、動画、アドレス帳が自動的にバックアップされるようになっている。昨年10月には、Microsoftのサーバのエラーのせいで、同社の子会社が提供するスマートフォン「Sidekick」のユーザーデータが一時すべて消失するという事故が起きている

 Microsoftは今回のKIN端末では、メーカー1社のみと提携することで、これまでの慣習を破ったが、同社はKINの戦略がより広範なWindows Phone 7戦略と合致するものだという点を強調している。Windows Phone 7を搭載する新世代スマートフォンは今年中に市場に投入される見通しだ。

 Microsoftのエンターテインメント&端末部門担当責任者のロビー・バック氏は、サンフランシスコで開催されたKINの発表イベントで次のように述べている。「これはMicrosoft製品ではない。シャープが製造を担当しているだけでなく、Vodafoneへの販売もシャープが行っている。これまで通りのやり方だ。ただ今回は、設計とハードウェアでシャープとより緊密に協力したということにすぎない」

 Microsoftは従来、携帯電話向けのWindows OSを広範な端末メーカーにライセンスし、各社にユーザーエクスペリエンスの制御を委ねる方針を採っている。

 今年2月にWindows Phone 7を正式発表した際、Microsoftはそうしたアプローチのせいで端末間の一貫性が幾分損なわれている面もあり、その点、綿密に設計されたAppleのiPhoneと比べて劣勢であることを認めている。

 Microsoftは今後、端末メーカー各社とさらに緊密に連携する方針という。ただしバック氏は、独自に携帯電話を製造する計画は依然としてないという点も改めて確認した。

よく分からないけど、若年層向けに機能特化(機能制限?)させたスマートフォンって位置付け?
「KIN」の写真見たけど、とても若年層にウケそうなデザインでゎありませんでしたが…(;・∀・)

Posted via web from tea break

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。