2010年PC夏モデル:ソニーが新型「VAIO P」を発表――デザイン一新、タッチパッド追加、加速度/地磁気/照度センサー内蔵 – ITmedia +D PC USER

投稿者: hikari

2010年5月10日

カテゴリー: Uncategorized

コメントする

4月28日から展開中のティーザー広告で予告された「VAIO New Ultra Mobile」とは、初のフルモデルチェンジとなる新型「VAIO P」だった。5月22日に発売される。

VAIOの“ポケットスタイルPC”が初のフルモデルチェンジ

デザインを一新した「VAIO P」

 ソニーは5月10日、ミニノートPC「VAIO P」の2010年夏モデルを発表した。“ポケットサイズPC”の愛称が付けられた横長の薄型軽量PCで、2009年1月に初代VAIO P(当時の製品名は「VAIO type P」)が発売されて以来、初のフルモデルチェンジとなる。本体サイズを維持しながら、ボディデザインは大幅に変更し、液晶ディスプレイ側のタッチパネルや操作を補助する各種センサーを追加、基本スペックの強化も行った。

 店頭販売向けの標準仕様モデルは、オレンジの「VPCP119KJ/D」、ピンクの「VPCP119KJ/P」、ホワイトの「VPCP119KJ/W」といった3つのカラーバリエーションを用意し、5月22日に発売する。価格はオープンで、実売価格は10万円前後の見込みだ。

tm_1005vaiop_02.jpg オレンジのモデル「VPCP119KJ/D」
tm_1005vaiop_03.jpg ピンクのモデル「VPCP119KJ/P」
tm_1005vaiop_04.jpg ホワイトのモデル「VPCP119KJ/W」

 購入時に仕様のカスタマイズが可能なソニースタイル直販のVAIOオーナーメードモデルは5月17日に販売を開始する。また、4月28日に公開されたティーザー広告でのメール登録者向けには5月12日11時から先行販売が行われる。VAIOオーナーメードモデルの価格は7万9800円から、着荷は最速で5月22日の予定だ。

新デザインのボディを採用、液晶側にタッチパッドを内蔵

tm_1005vaiop_05.jpg “つつむ、たたむ”からイメージしたという新デザイン

 新しいボディデザインは、側面から見ると布を三つ折りにしたように、1つのカラーで天面から、バッテリーを含む底面、キーボードまで囲むことで一体感を表現した。ティーザー広告に描かれたゼムクリップのようなイラストは、ボディ側面のデザインを表していたわけだ。なお、ボディカラーによらず、液晶ディスプレイ周辺、キーボード上部、側面のカラーはブラックで統一されている。

 液晶ディスプレイに関しては、右下に小型のタッチパッド、左下に左右のクリックボタンを新設することにより、本体を両手で抱えて使う場合に、左右の親指でのマウスポインタ操作がしやすくなっている。ソニーはこの操作方法を「モバイルグリップ・スタイル」と呼んでおり、2003年発売のミニノートPC「VAIO U(PCG-U101)」などで採用していたが、今回久しぶりに復活した。

tm_1005vaiop_06.jpg 8型ワイド液晶ディスプレイは1600×768ドット表示に対応。右下に小型タッチパッド、左下に左右のクリックボタンを搭載した
tm_1005vaiop_07.jpg 本体を両手で抱えて使う場合、右手親指でタッチパッド、左手親指でボタンを扱う「モバイルグリップ・スタイル」に対応
tm_1005vaiop_08.jpg 通常のノートPCのスタイルで利用する際に便利なスティック型ポインティングデバイスも引き続き搭載する

 また、本体の傾きを検知することで縦位置/横位置表示、送り/戻しの操作が行える「加速度センサー」、ユーザーの向いている方角を検知して「VAIO Location Search」や新搭載のデジタルコンパスガジェットで方角を表示できる3軸式の「地磁気センサー」、環境光の明るさに応じてバックライト輝度を自動調整して省電力化する「照度センサー」を新たに内蔵した。ノイズキャンセリングヘッドフォンに内蔵したマイクの指向性を自分の声に合わせ、騒がしい場所でも相手に声を伝わりやすくする「ビームフォーミング」にも対応する。

tm_1005vaiop_09.jpg 加速度センサーの内蔵により、本体を左右に傾けることでWebページや写真表示の送り/戻し操作(フリック)が行える
tm_1005vaiop_11.jpg 本体を縦向きに回転させれば、自動的に表示が縦位置に切り替わり(ターン)、縦長の情報が一覧しやすくなる
tm_1005vaiop_10.jpg 縦位置表示での操作例。タッチパッド、スティック、カーソルキーの方向設定は、ユーザーから見た向きに自動で切り替わる

 キーボードはEscとF1の間にあった半角/全角キーをEscの下に配置するなど、標準的なキーレイアウトに近づけている。主要キーで約16.5ミリのピッチ、約1.2ミリのストロークは変わらない。キートップの文字は、耐久性の高いレーザー印字を新たに採用した。

 キーボード下のワンタッチボタンは、「ASSIST」(サポートソフトの「VAIO Care」を起動)、「解像度切り替え」(1600×768/1280×600ドットに切り替え)、「WEB」(Windows 7を立ち上げずに利用できる高速起動のWebブラウズ機能「Quick Web Access」を利用)の3ボタンを搭載する一方、従来モデルにあったウィンドウ整列ボタンとインスタントモードはなくなった。

tm_1005vaiop_12.jpg レイアウトがより標準仕様に近づいたキーボード
tm_1005vaiop_13.jpg キーボードの右下には3つのワンタッチボタンを装備

店頭モデルは標準でWiMAXを搭載、EvernoteやPS3との連携も

 標準仕様モデルの基本スペックは、CPUにAtom Z530(1.6GHz)、チップセットにグラフィックス機能のIntel GMA 500を統合したIntel SCH(System Controller Hub) US15W、メインメモリに2GバイトのDDR2-533 SDRAM(オンボード/増設不可)、データストレージに64GバイトのSSD(Ultra ATA)を採用する。

 従来同様、液晶ディスプレイは8型ワイドパネルを搭載し、1600×768ドットと横に長い高解像度表示が可能だ(同社はウルトラワイドと呼ぶ)。液晶ディスプレイは画面とフレーム部が継ぎ目なくフラットにつながったフラッシュサーフェスデザインとなっている。初期設定のdpi設定をWindows 7標準の96dpiから大きめの120dpi(125%)に変更することで、文字の視認性を向上した。

 ネットワーク機能はIEEE802.11a/b/g/nの無線LAN(最大送信300Mbps/最大受信150Mbps)とWiMAX(最大送信13Mbps/最大受信3Mbps)、Bluetooth 2.1+EDRを標準装備。インタフェースは2基のUSB 2.0、ヘッドフォン、専用I/Oコネクタ、SDHC対応SDメモリーカードスロット、PRO-HG対応メモリースティックデュオスロット、有効画素数31万画素のWebカメラを搭載する。専用I/Oコネクタに接続するオプションのアダプタを使うことで、アナログRGB出力と1000BASE-Tの有線LANもサポートする。

tm_1005vaiop_14.jpg 前面にはメモリカードスロット(ダミーカード装着済み)を搭載
tm_1005vaiop_15.jpg 背面は薄型のバッテリーで占有されている

tm_1005vaiop_16.jpg 左側面にはストラップホルダー、ACアダプタ接続用のDC入力、USB 2.0、ヘッドフォン、ワイヤレス通信のスイッチが並ぶ
tm_1005vaiop_17.jpg 右側面には専用I/OコネクタとUSB 2.0、盗難防止用のセキュリティスロットを備えている

tm_1005vaiop_18.jpg オプションで用意されるLバッテリーのカラーはブラックのみ。装着時は厚さが27.3ミリ(突起部除く)、重量が約753グラムになる

 内部基板の奥行きを約6ミリ削ってバッテリーの奥行きを伸ばし、バッテリーの容量はアップ(標準バッテリーで7.4ボルト 2100mAh/16ワットアワーから7.4ボルト 2500mAh/19ワットアワーに増量)した。これにより、バッテリー駆動時間は従来の標準仕様モデル(Windows 7搭載)と比較して、標準で1.5時間増の約5.5時間、オプションのLバッテリー装着時で3.5時間増の約11.5時間に延びている。

 本体サイズは245(幅)×120(奥行き)×19.8(高さ)ミリ、重量は約619グラムだ。従来の標準仕様モデル(Windows 7搭載)と比較して、本体サイズは据え置きで、バッテリーの増量などにより重量は10グラム増となっている。

 OSは32ビット版のWindows 7 Home Premiumをプリインストールする。付属ソフトでは新たに「Evernote for VAIO」と「リモートキーボード/リモートプレイ with PlayStation 3」を用意。Evernote for VAIOでは、内蔵Webカメラで直接画像ノートを撮影できるウェブカムノート機能や、Quick Web AccessでWebクリップが行えるウェブクリッパー機能が利用できる。リモートキーボード/リモートプレイ with PlayStation 3では、VAIO P上でのプレイステーション 3の画面表示と文字入力を含む操作、インターネット接続などが可能だ(4月22日リリースのプレイステーション 3最新システムソフトウェアVer.3.30が必要)。

直販モデルではチップセットの強化や限定カラーの選択が可能

 直販のVAIOオーナーメードモデルでは、CPUに高クロックのAtom Z 550(2.0GHz)/560(2.13GHz)も用意。今回追加されたZ560を選んだ場合は、チップセットもIntel SCH US15Xに切り替わり、グラフィックスコアのクロックがUS15Wの200MHzから266MHzにアップする。Z560とUS15Xは6月末にCTOメニューへ追加される予定だ。

 データストレージは128Gバイト/256GバイトのSerial ATA SSD(Ultra ATA変換によりチップセットと接続)、OSは32ビット版Windows 7 Professional、無線WAN、WiMAXの有無、IEEE802.11b/g/nの無線LAN(WiMAX選択時は11a/b/g/nに固定)、Webカメラの有無、ノイズキャンセリングヘッドフォンの有無、英字キーボード/かな文字なし日本語キーボード、ワンセグチューナーの有無(無線WANと同時選択不可)も選択できる。

 無線WAN機能はNTTドコモのFOMA HIGH-SPEED(受信最大7.2Mbps/送信最大5.76Mbps)に加え、日本通信の「b-mobile Doccica」も新たにサポート。無線WAN機能を選ぶと、b-mobileのSIMカードをセットした状態で出荷される。

 ボディカラーは直販限定のブラックとグリーンを用意したほか、ブラッククロコダイル柄(プラス3000円)が選択可能だ。

tm_1005vaiop_19.jpg 直販限定カラーのブラック
tm_1005vaiop_20.jpg 直販限定カラーのグリーン
tm_1005vaiop_21.jpg 直販限定のブラッククロコダイル柄

専用オプションも豊富に用意

 VAIO P向けのオプションとしては、キャリングポーチ各色(1980円)、シリコンケースとハンドストラップのセット各色(4980円)、Bluetoothレーザーマウス(6480円)、District UNITED ARROWSとFelisiのコラボレーションによる専用ケース(1万5000円)も同時発売する。さらに、District UNITED ARROWSとJAS-MBのコラボレーションによる専用ケース(4万円)も近日発売する予定だ。

tm_1005vaiop_22.jpg 専用のキャリングポーチ「VGP-CPP2/B・D・P・G」は4色用意
tm_1005vaiop_23.jpg シリコンケースとハンドストラップをセットにしたアクセサリキット「VGP-AKP1/B・D・P・G・W」は5色ある
tm_1005vaiop_24.jpg アクセサリキットを取り付けた例。シリコンケースの下部には穴があり、ボディのカラーが見える

tm_1005vaiop_25.jpg Bluetoothレーザーマウス「VGP-BMS15/D・P」は付け替え用カバーを1枚付属。ソニースタイルではカバー色の選択やレーザー刻印が可能なほか、カバー単体でも購入できる
tm_1005vaiop_26.jpg District UNITED ARROWSとFelisiのコラボレーションによる専用ケース「CC-FLS/P/C/L・T・D・G・P」は5色展開。Felisi定番のナイロンとレザーのコンビを採用
tm_1005vaiop_27.jpg District UNITED ARROWSとJAS-MBのコラボレーションによる専用ケース「CC-JAS/P/C」は1色のみ。素材はブラックのレザーだ

VAIO P店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ SSD OS 実売
VAIO P VPCP119KJ/D(オレンジ) 1スピンドル フルモデルチェンジ Atom Z530(1.6GHz) 2048MB(DDR2) 64GB 32ビット版7 Home Premium 10万円前後
VPCP119KJ/P(ピンク) 1スピンドル フルモデルチェンジ Atom Z530(1.6GHz) 2048MB(DDR2) 64GB 32ビット版7 Home Premium 10万円前後
VPCP119KJ/W(ホワイト) 1スピンドル フルモデルチェンジ Atom Z530(1.6GHz) 2048MB(DDR2) 64GB 32ビット版7 Home Premium 10万円前後
VAIO P店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU テレビ機能 重量
VAIO P VPCP119KJ/D(オレンジ) 8型ワイド 1600×768 Intel SCH US15W チップセット内蔵 約619グラム
VPCP119KJ/P(ピンク) 8型ワイド 1600×768 Intel SCH US15W チップセット内蔵 約619グラム
VPCP119KJ/W(ホワイト) 8型ワイド 1600×768 Intel SCH US15W チップセット内蔵 約619グラム

キタキタ!新型「VAIO P」!
先日の”クリップ”アイコンの正体ゎコレでした、流石に”ヨガマット”ゎまだでしたねw
しかしこの小ささで素晴らしいスペックだ…

“標準仕様モデルの基本スペックは、CPUにAtom Z530(1.6GHz)、チップセットにグラフィックス機能のIntel GMA 500を統合したIntel SCH(System Controller Hub) US15W、メインメモリに2GバイトのDDR2-533 SDRAM(オンボード/増設不可)、データストレージに64GバイトのSSD(Ultra ATA)を採用”

“ネットワーク機能はIEEE802.11a/b/g/nの無線LAN(最大送信300Mbps/最大受信150Mbps)とWiMAX(最大送信 13Mbps/最大受信3Mbps)、Bluetooth 2.1+EDRを標準装備。インタフェースは2基のUSB 2.0、ヘッドフォン、専用I/Oコネクタ、SDHC対応SDメモリーカードスロット、PRO-HG対応メモリースティックデュオスロット、有効画素数 31万画素のWebカメラを搭載する。専用I/Oコネクタに接続するオプションのアダプタを使うことで、アナログRGB出力と1000BASE-Tの有線 LANもサポート”

“内部基板の奥行きを約6ミリ削ってバッテリーの奥行きを伸ばし、バッテリーの容量はアップ(標準バッテリーで7.4ボルト 2100mAh/16ワットアワーから7.4ボルト 2500mAh/19ワットアワーに増量)した。これにより、バッテリー駆動時間は従来の標準仕様モデル(Windows 7搭載)と比較して、標準で1.5時間増の約5.5時間、オプションのLバッテリー装着時で3.5時間増の約11.5時間に延びている”

デザイン最高だし基本スペックも十分、SSDで耐久性にも優れ駆動時間も十二分。WiMAXも標準搭載だから(契約結べば)スタイリッシュに出先でネット♪
PS3との連携も試してみたい、ゲームとかも出来るのかな?w

ネットブックPCとしてゎチョット高嶺の花だけど、ヤッパリ魅力的ですよね!買えないけど欲しいゎw

Posted via web from tea break

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。