国内版 iPadはSIMロックあり、ドコモはSIM販売を断念

投稿者: hikari

2010年5月11日

カテゴリー: Uncategorized

コメントする

iPad発表直後から様々な憶測を呼んでいた国内での3Gデータプラン展開は、iPhoneに引き続きソフトバンクが提供し、おまけにSIMロックによりソフトバンク以外データプランを提供できないという形で決着しました。iPad発表直後先月末と「SIMフリーと聞いている」発言を二度繰り返したドコモは完全に梯子を外された格好になり、読売新聞に「販売断念」と見出し記事を書かれる始末。ドコモとソフトバンクによるデータプラン値下げ合戦を期待していた方はもちろん、米国版3Gモデルを輸入してSIM単体販売を待っていた方や、これから海外に転勤するおそれのある方には特につらいお知らせではないでしょうか。SIMカードを切り刻んでmicroSIMを作るハックも国内版iPadでは用無しです。

また明朗会計だった米国AT&T版に比較すると、国内ソフトバンク版のデータプランはウェブ基本使用料があり、データ定額プランには月月割に契約解除料ありと、プリペイドプランこそ残されているものの、馴染みがあるといえば馴染みのあるいつもの構成になっています。細かい点ではWi-Fiスポット利用料が「24か月無料」のオプションあつかいなのも気になる点。米国のように3Gモデルをオンライン購入できないのも納得です。

ちなみに日本以外でも今月28日に発売を迎える各国でデータプランの詳細が発表されていますが、たとえばスペインではiPhone用データプラン(25ユーロ)契約者は無料でiPadのデータプランも利用できるという太っ腹ぶり。まあ他の国のiPadはどれも同じ、日本のiPadだけが事情を踏まえたオリジナル特別仕様なのだと思うことにしましょう。

“日本のiPadだけが事情を踏まえたオリジナル特別仕様”
ほんと日本の市場だけが腐ってるよね、皮肉も言いたくなります。

Posted via web from tea break

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。