Android 2.2はテザリング対応、5倍高性能に – ITmedia News

投稿者: hikari

2010年5月15日

カテゴリー: Uncategorized

コメントする

間もなく発表されるAndroid 2.2は、バージョン2.1から大幅に性能が高まっており、テザリングサポートや携帯電話をWi-Fiホットスポットに変える機能があるという。
2010年05月14日 17時41分 更新

 Googleは次期版モバイルOS「Android 2.2(Froyo)」を来週のGoogle I/Oイベントで立ち上げる見込みだが、同OSの詳細が早くもネットに出回っている。

 AdobeとGoogleは既に、Android 2.2がFlash 10.1をサポートすることを認めている。同OSでは断片化(複数のバージョンの乱立)の問題が抑えられるとも報じられている。

 また、同OSはAndroid 2.1よりも450%高速だとAndroid Policeブログが報告している。TechCrunchは、同OSはテザリングをサポートし、Wi-Fiホットスポットとしても使えると伝えている。

 Android PoliceはAndroid 2.2をNexus Oneにインストールして1週間テストし、Linpackベンチマークテストで動作速度をほかのデバイスと比べてみた。

 テストの結果、Android 2.2を搭載したNexus Oneは37.5MFLOPSのスコアをたたき出した。Nexus OneにAndroid 2.1を搭載した場合は6.5M~7MFLOPSなので、性能が450%高まっていると言える。スクリーンショットはこちら

 またTechCrunchは、Android 2.2には、ノートPCを携帯端末に接続してデータ通信できるUSBテザリング機能が内蔵されていると伝えている。同OSには、AndroidデバイスをWi-Fiホットスポットに変える機能もあるという。スクリーンショットはこちら

 これらの機能は、Androidが携帯電話を単なる小さなモバイルコンピュータではなく、今日のノートPCやデスクトップPCの機能性を一部実現できるモバイルコンピュータに変えられるということを示している。

 これらはAndroid 2.2の重要な機能だ。そこで疑問なのが、同OSがスマートフォンに採用されるまでどのくらいかかるかということだ。5000万台以上売れているiPhoneの次期版が来月発表されることを考えると、これは重要な疑問だ。

Android 2.2凄いな!
文章通り実現出来るなら、夢のケータイ誕生ってところだね。
Androidがセカイを制する日ゎ近いかも!

Posted via web from tea break

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。