iOS 4 GM版、開発者登録なしの iPhoneにもインストール可能

投稿者: hikari

2010年6月10日

カテゴリー: Uncategorized

コメントする

昨日のWWDC10 ジョブズ基調講演で開発者向けのリリースが発表された iOS 4 (旧 iPhone OS 4) GMについて。iPhone OSのベータなど開発者向けバージョンのインストール&アクティベーションには端末のID (UDID) を開発者アカウントに登録する必要がありましたが、 iOS 4 ゴールドは対応するどの iPhone / iPod touch にもインストールできます。

必要なのは iOS 4 GM seed のイメージ、およびベータ版の iTunes 9.2。iOS 4そのものは iPhone 3G, iPhone 3GS, および iPod touch (2nd / 3rd Gen) 向けそれぞれが用意されていますが、 iTunes 9.2ベータはいまのところ Mac版しかありません。また、いずれのファイルも (いちおう) 開発者プログラム登録者しか入れないページに置いてあります。

正式な iOS 4 アップグレードは6月21日から提供される予定。iOS 4 も iTunes ベータも、誰かが先に落としたイメージを分けてもらってインストールすることは可能といえば可能です。(が、「iTunes 9.2 beta」と書いてあるものを確認なしに拾い食いしてお腹を壊さないように)。また正式版のアップグレード / アップデートでもいえることですが、インストールの前にはバックアップを取っておきましょう。

コレ入れればbluetoothキーボード使えるようになるのかな?
RBK-2100BTJがメチャメチャ今欲しいんだよねー。
使えるのであれば今すぐにでも入れたいんだけど…正式配布まで待つ方がイイだろうね、不具合あったら嫌だし。
ソレにiphoneでの使い心地レビューとかもどうせなら見てみたい。

Posted via web from tea break

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。