RunKeeper Free 2.0の使い方 – matshのふらふら日記

投稿者: hikari

2010年6月12日

カテゴリー: Uncategorized

コメントする

私がランニングをする時にメインで使用しているiPhoneアプリはRunKeeper Freeなんですが、先日2.0にバージョンアップして、かなり変わったので紹介します。
以前に比べてデザインが洗練され、使い勝手も良くなったように思います。

RunKeeper Pro (有料 1,200円)へのリンク
RunKeeper Free (無料 広告あり)へのリンク RunKeeper Free

アカウントを作成してある場合は、起動すると次の画面が表示されます。
rkfree2_01.png
ここでGPSでトラッキングするか、手入力するかを選択できます。普通走るときはGPSを選択します。GPSが使えなかったり、屋内での運動の場合は手入力でどれくらい運動したかを入力できるようになっています。
また、運動の種類を選択できるようになっています。私の場合、普通はランニングです。選択肢としては、

  • ランニング
  • サイクリング
  • ウォーキング
  • ハイキング
  • ダウンヒルスキー
  • クロスカントリースキー
  • スノーボード
  • スケート
  • 水泳
  • マウンテンバイク
  • 車いす

があります。
右上に黄色の丸いマークがありますが、これはGPSの受信状態を色で示しています。黄色はあまり精度が高くない状態で、緑になると高精度で受信できていることを示しています。

ランニングするときは、このままStart Activityのボタンをタップすると、次の画面に映って計測を開始します。GPSの表示が緑になってからスタートしてくださいね。
rkfree2_02.png

画面の上部に経過時間とアベレージのペース、それから消費カロリーが表示されます。消費カロリーはRunKeeperのサイトで設定している体重をもとに計算されるものと思われます。
中央に1分毎のペースがグラフで表示されます。その下に走ったトータルの距離と現在のペースが表示されるようになっています。

しばらく走ったときの表示は次のようになります。表示(ページ)の切替えの部分をタップすると地図表示になります。
rkfree2_03.pngrkfree2_04.png
横向きの表示にするには、経過時間の表示部分の左にあるボタンをタップします。
rkfree2_05.pngrkfree2_06.png

終わったときはSTOPボタンをタップします。すると、今の運動をセーブするかどうか聞いてきますので、記録を残したいときはSave Activityをタップします。残したくない場合はDiscard Activityです。
rkfree2_07.png

記録してある運動の履歴の参照をする場合は、最初の画面下部の左から2番目のタブ(Activities)を選びます。すると、新しい順に運動の種類を示すアイコンと日時が表示されます。
rkfree2_08.png
パッと見たところでは、古い記録を削除したりするような操作はできなさそうです。
この画面で見たい記録をタップすると、次の画面のように時間や距離などの情報が表示されます。ここでもページ切替えができ、切り替えると地図が表示されます。古いデータの削除をする場合は、ここで右上にあるOptionsをタップして”Delete Activity”を選びます。
rkfree2_09.png

GPSからの入力を行わない場合は、最初のところで手入力を選びます。
rkfree2_10.png
ここでInput Activity Dataをタップすると、次のように日時と所要時間、距離を入力することができます。
rkfree2_11.png

さて、RunKeeperで記録した情報は、RunKeeperのサイトにもアップロードされています。
サイトにログインすると、月毎や週毎に集計したグラフを見ることができます。
rkweb1.png

個別の運動の記録も地図入りで見ることができます。
rkweb2.png

Street Teamという機能があって、他のRunKeeperユーザーと比較してランキングが見れたりするようですが、私は使っていないのでよくわかりません。
rkweb3.png

あと、facebookやtwitterとの連携もできるようになっているみたいです。この機能も使っていないのでよくわかりませんがw
rkweb4.png

RunKeeperは全体的に昔に比べて見やすくなっており、地図表示との切替えも操作しやすくなりました。ただ、私はバージョンアップして最初のうちはページ切替えがあるのに気付かなくて、地図表示の機能がなくなったのかと思っちゃいましたけど。
ちょっと惜しいのは、記録がたまってくると履歴の一覧が表示されるのに時間がかかるようになることです。古いデータを削除できるとか、一ヶ月分ずつ表示するようにして時間がかからないようにするとかの改善の余地はありますね。
(追記)古いデータの削除はできますね。見落としてました。しかし、1つずつしか消せないようです。一気に消したいときは一度アプリを削除して、再インストールする方が早いでしょう。

それから、RunKeeperは測定を開始してからスリープボタンを押して画面を消してしまっても、GPSの計測は続けられています。バッテリーが厳しい時には重宝すると思います。

RunKeeper Free、入れてみたよー!明日から早速使ってみます♪
色々と詳細に登録して体調管理にも使えるみたい。
twitterゃfacebookとも連動出来るっぽくて使いこなせば楽しそうだけど、私ゎ散歩に使うだけなのでサイト登録ゎせず歩いた距離ゃルート、消費カロリーなどをチェックしてニヨニヨするだけにしますw

Posted via web from tea break

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。