東芝 libretto W100 世界初の2画面タッチ ミニノート

投稿者: hikari

2010年6月21日

カテゴリー: Uncategorized

コメントする

東芝がなにやらものすごいWindows 7 ミニノート libretto W100を発表しました。libretto W100は7型ワイドタッチスクリーンディスプレイを2画面採用したミニノート製品。上の写真は一見すると普通の小型ノートのようですが、下は仮想キーボードが表示されているタッチスクリーンです。画面は上下ともタッチパネルの7型ワイド1024 x 600。どちらかにキーボードを表示させて従来のノートのように使うほか大きな一画面として表示したり、縦に持って見開きの本のように使うことも可能。電子書籍ビューアには縦画面にも対応したFlip Viewer を標準搭載します。売りは7型 x 2画面構成で大画面と同等の情報量を表示できること、かつ折りたたんでコンパクトに持ち運べること。

699gの軽量ながらCPUにはAtom Z系ではなくデュアルコアULVプロセッサ Pentium U5400 (1.2GHz) を採用しており、PC3-6400 RAM 2GBでフル版のWindows 7 Home Premiumが動きます。ストレージはSATA SSD 62GB。そのほかの仕様は無線が802.11a/b/g/n WiFi、WiMAX、Bluetooth v2.1+EDR。インターフェースはUSB 2.0 x 1 、microSDスロット、ヘッドホンジャック、マイク・スピーカー、102万ピクセルウェブカメラなど。

ここまでで誰もが気になるバッテリー駆動時間は軽量な標準バッテリーパック(本体込み699g)装着時で約2時間、重さ819gになる大容量バッテリーでは約4時間。(特にヘビーデューティーなことをさせた実使用時間というわけではなく、しっかりJEITAバッテリー計測法 v1.0準拠の数字です)。出荷は8月下旬予定。価格はオープン・店頭予想12万円台。

ギャラリー: Toshiba libretto W100

ギャラリー: libretto W100 hands-on

コレゎ格好イイ…欲しい…o(*・ω・*)o
基本スペックゎミニノートとしてゎ申し分なく素晴らしいモノだけど、
難癖付けるとすれば

・メモリ拡張無し
・バッテリー駆動時間の不安
・割高感の強い価格設定

って感じでしょうか。
面白い機体だし是非機会あれば触ってみたいPCだけど、所詮ミニノートPCだしねぇ。
この値段出すならもっと素敵スペックなPC欲しいところだゎ。

Posted via web from tea break

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。