さよなら、さよなら、SANYOブランド

投稿者: hikari

2010年7月31日

カテゴリー: Uncategorized

コメントする

出会いがあれば別れもあります。パナソニックが50%強の株式を所有する連結子会社、三洋電機とパナソニック電工(旧:松下電工)を完全子会社化することを発表しました。パナソニックは8月23日より両社の普通株式公開買付け(TOB)を行い、2012年1月を目処に3社の事業体制を再編する予定。ブランドは原則としてPanasonicに統一され、SANYOブランドは一部の事業・地域を除いて消滅することになります。

三洋電機は松下幸之助の義弟にあたる井植歳男が1947年に創業。1950年に会社設立。総合家電の道を諦めてから、妙に気の利いた携帯電話(京セラに事業売却済)、カーナビGORILLA、エアウォッシュ機能のついた洗濯機AQUA、ムービーデジカメXacti、充電池eneloopなどの尖った商品で再び名を上げていたところでした。Panasonicの一部となっても、引き続き「これは実にSANYOっぽい」という商品が登場することを願いましょう。

エネループゎどうなるんです?エボなんとかってのパナソニックにあったと思うけど。
エネループで統一してるんで無くなると困るんだけどー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。