Article: PS Homeがアップグレード、FPSやレーシングゲームがプレイできる:Kotaku JAPAN, ザ・ゲーム情報ブログ・メディア

投稿者: hikari

2011年3月02日

カテゴリー: Uncategorized

コメントする

PS Home アップデート Sodium Two

 
PlayStation Homeはこの春バージョン1.5になり「リアルタイム・マルチプレイ」機能を搭載します。このアップグレードは、レースゲームやFPSなど、より速いペースのゲームをHomeでプレイできるようにする為のものだとのことです。

GDCでのソニーの発表によれば、この大型アップデートには「改良された物理エンジンアニメーショングラフィック」を備えた新たな開発ツールが含まれているそうです。

PS Home 1.5では「衝突、マス、ヴェロシティその他の物理要素のコントロールが拡張」され一層リアルに、そして「より複雑なゲームプレイ」が可能になるようです。

グラフィック面では、ゲーム用にデザインされた新たなアニメーション技術、大幅なグラフィックアップデート、フレームレートの向上などがなされるとのことです。

PS Homeのディレクターであるジャック・ブザー氏はGDCで「Homeでゲームを提供することは、ユーザー保持と収益に大きなインパクトを与えた」と語りました。また、ブザー氏によればPS Homeは現在、世界で1900万人のユーザーがおり、8000以上のヴァーチャルアイテムが存在、平均セッションは70分だとのことです。

1.5アップデートに関してブザー氏は「ここまでゲームにフォーカスしたクライアントアップデートはこれが初めて」と話しています。

よりゲームプレイにフォーカスしたPS Homeをアピールするため、ソニーとデベロッパーのLockwood PublishingはPS Home用ゲーム『Sodium Two: Project Velocity』のデモをを公開。タイトルからもわかるとおり、これは2009年の『Sodium One』の続編です。『Sodium One』は、『WipEout』のような近未来的レーシングゲームで、Homeアバターを使い、ゴーストデータや4人までのレースができるゲームでした。

『Sodium Two』は「フリーミアム」マイクロトランザクションモデルを念頭にデザインされています。3つのコースが用意されている他、ゲームモードとコースがダウンロード購入可能になるようです。『Sodium Two』のプレイヤー数は前作より少なくなるようですが、ブザー氏によればPS Home用のゲームは一対一のゲームから多人数まで対応できるようです。

1.5アップデートでPS Homeにやってくる新たな技術は、PS Homeのパフォーマンスに大きな影響を与えることはないとされています。アップデートと『Sodium Two』はこの春PS3にやってくるとのことです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。